高度成長期以降に整備された社会インフラは今後、一斉に老朽化することが見込まれています。国土交通省は、社会資本全般に関するメンテナンス時代に向け、2013年を「メンテナンス元年」と位置付け本格的な対策を始動させました。土木施工に50年以上の豊富な実績をもつ髙堂建設は、地域社会における社会インフラの維持管理・更新を使命と捉え、これらを担う主体として、2013年に匠コンサルタンツ株式会社を設立しました。安心で豊かな地域社会の発展を実現する、匠コンサルタンツ株式会社の業務内容をご紹介します。

匠コンサルタンツの業務


地質/土質調査
橋梁点検
非破壊試験
衝撃弾性波試験