平成27年度 安全大会を開催しました


 平成27年度の第1回安全大会を十勝プラザにて開催しました。本大会は、工事関係者が一堂に会し、安全に対する意識を向上・共有するための場として、年に2回、協力会社の皆様にお集まり頂き開催しているものです。本年度第1回目の安全大会には53社から約100名の皆様にご参加頂きました。


 冒頭、髙堂社長が昨年の工事への協力に謝辞を述べ、「安全は第一と考え、時間とお金をかけて頂きたい。地域に貢献する事業を行う上で安全は基本であり、徹底して参りたい」と開会挨拶。続いて安全協力会会長の鈴建興業株式会社 鈴木会長が挨拶に立ち、「1人ひとりが事故に対する関心を深め、家族を泣かせることのないよう実りある安全大会としてほしい」と激励されました。

 引き続き昨年度の労働安全表彰があり、鈴木会長より9社の代表の方々に記念品が贈呈されました。

 

 次に木村技術部長が平成27年度の安全活動方針について説明を行い、「気付いた人間が対応できる、声をかけあえる環境としたい。また、安全衛生に対する各人の知識の深化を一歩進め、無事故無災害を目指したい」と抱負を語りました。

 

 その後、『設備事故防止のお願い』と題してNTT東日本の大野課長より、さらに『心肺蘇生法の知識と技術・AEDの知識』と題して帯広消防本署の山本課長よりそれぞれご講話を頂き、ライフライン事故を防止するための知見やAEDの使用方法等について学びました。

 

 最後に、平成27年度全社安全スローガン【身に付けた経験生かしてゼロ災害 かくれた危険を発見、報告、改善だ】を全員で唱和し、安全に対する関係者全員の気持ちを1つにし閉会しました。