神谷衣里那(女子スピードスケート ナショナルスプリント強化選手)が入社しました


神谷衣理那さん 入社の様子1

 5月1日付で神谷衣理那が総務部に入社しました。入社後初の月例会議となった11日、会議冒頭に職員に対して挨拶がありました。

 

 神谷は4歳からスピードスケートを始め、白樺学園高等学校在学時には500m、1,000mでインターハイ優勝。社会人になってからも競技を続け、平成22年, 平成23年には全日本ジュニアスピードスケート選手権大会で総合優勝、平成24年のワールドカップ長野大会では500mで優勝と好成績を収めてきました。平成26年に開催されたソチオリンピックへの出場は惜しくも逃しましたが、今後は髙堂建設の社員として通常業務をこなすかたわら、平成30年の平昌オリンピック出場に向けてさらなる練習を積んでまいります。

神谷衣理那さん 入社の様子2

 挨拶ではこれまでの経歴や競技成績やを自己紹介し、「韓国でのオリンピック出場を目標に、まずは10月に行われる大会に向けて頑張っていきたい」と今後の意気込みを語りました。神谷さんの競技成績等については今後、本ウェブサイト上で随時取り上げてまいります。応援よろしくお願いいたします!

 

<主な成績>

・平成25年 全日本スピードスケート距離別選手権大会 500m 2位/1,000m 3位

・平成23年 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会(スプリント) 総合優勝

・平成22年 全日本ジュニアスピードスケート選手権大会(スプリント) 総合優勝