平成27年度 第2回 髙堂建設安全協力会 安全大会を開催しました


平成27年度 第2回安全大会1

 5日、髙堂建設安全協力会主催による今年度2回目となる安全大会が本社駐車場にて行われ、髙堂建設グループ社員および現在施工中の工事に携わる協力会社社員総勢40名が出席しました。


  冒頭、開会挨拶として登壇した髙堂社長は、今年度のここまでの労働安全に対して謝辞を述べるとともに、「年末の追い込み時期を迎えるが、気を抜くことなく事故を起こさない体質、事故ゼロを目指してほしい」と要請。続いて挨拶に立たれた協力会会長である株式会社鈴建興業の鈴木利雄会長は、「収穫の時期や観光シーズンを迎え交通事故が多くなる。また日没が早まるなど現場内での事故も起きやすい時期。油断のないようにしてほしい」と注意喚起されました。

平成27年度 安全大会2

   続いて、各工事の現場責任者より安全管理の取組み事項について報告が行われた後、安全委員長である西田課長が登壇。前期の全社としての安全管理の取組み内容を総括するとともに、後期の活動計画および冬季施工における注意事項をまとめました。


   最後に代表者による安全宣言と、安全スローガン「身に付けた 経験生かしてゼロ災害 かくれた危険を 発見、報告、改善だ!」の出席者全員による唱和が行われ、平成27年度後期に向けて全員で安全意識を高めあいました。