スピードスケートW杯競技会カルガリー大会 女子500mで神谷が日本勢最高の7位


 13~15日、スピードスケートの今季ワールドカップ開幕戦となるカルガリー大会がカナダのカルガリーで開催され、最終日に行われた女子500mにおいて、当社の神谷衣理那が日本勢最高となる37秒57のタイムで7位に入りました。


 また2日目には、今季より正式種目となった団体競技のチームスプリントにも事前練習なしのぶっつけ本番で出場。3人でスタートし1人ずつ抜ける方式で行われる当競技において1週目を先頭で牽引し、1分26秒82のタイムで優勝しました。