交通安全旗波運動に参加しました


旗波運動

 8日、北海道維持除雪管理ネットワーク協議会の社会貢献活動として行われた交通安全旗波運動に参加しました。

 

 本活動は、交通安全週間開始に先立ち毎年行っているものであり、今年は帯広市内の大通と広尾町内の国道336号線において、合計23名の社員が沿道に立ち、安全旗をかざして交通安全啓発を行いました。

 

 この取り組みについて、当日沿道に立った同協議会の会長を務める髙堂社長は、「道路維持に携わる会社として、道路利用者の交通安全を願い今後も活動していきたい」と抱負を述べました。