「アスナビ in 帯広」で事例紹介を行いました


 9月28日、日本オリンピック委員会(JOC)の就職支援制度「アスナビ」の一環として、就職支援説明会が帯広市内のとかちプラザで開催されました。「アスナビ」は、企業と現役トップアスリートをマッチングすることを目的として2010年に始まった制度であり、帯広での説明会開催は3年ぶりとなります。

 

 当日は約20の企業や団体が参加し、スピードスケートの5選手がそれぞれ自己PRを行いました。また事例紹介として、昨年女子スピードスケートの神谷衣理那を採用した当社から髙堂社長が説明に立ち、「地域で夢を持った若い人を応援することは当社の企業理念とも合致している。社員一丸となって選手を応援する環境が社内の士気を高めることにもつながっている」として、選手を採用し応援することの意義を語りました。

 

⇒ 外部リンク:JOC -アスナビ ~トップアスリートの就職支援ナビゲーション~