スピードスケート ワールドカップ第2戦 長野大会


 18-20日、スピードスケートのワールドカップ長野大会が長野市のエムウェーブで開催され、女子500mと女子1,000m(Bクラス)に神谷衣理那が出場。500mは38秒27のタイムで7位、1,000mは1分17秒73のタイムで2位となりました。また、大会2日目に行われた団体戦のチームスプリント(400m×3周)にも第1走者として出場。同じ白樺学園高出身の辻選手(関西病院)、郷選手(イヨテツ)とチームを組んだ今回、1週目を先頭で引っ張り日本の優勝に貢献しました。