神谷がワールドカップ前半戦の代表選手に選出されました


 20~21日、長野市エムウェーブにて開催された「第24回全日本スピードスケート距離別選手権大会」において神谷が好成績を収め、2017/2018シーズンのワールドカップ前半戦代表選手に選出されました。神谷のワールドカップ代表選出は当社に入社後、3シーズン連続となります。

 

 ワールドカップ前半戦の代表選考会を兼ねた今大会、神谷は女子500mと女子1,000mに出場。大会2日目に行われた女子500mで大会自己ベストとなる37秒87の好タイムで4位に入賞すると、最終日に行われた女子1,000mでは1分15秒68のタイムで国内自己ベストをマークして3位入賞を果たし、表彰台に上がりました。

 

 今大会の結果を受け、11月と12月に行われる「ワールドカップスピードスケート競技会」前半戦4大会への神谷の出場が決定しました。なお、今シーズンのワールドカップ前半戦は、2018年平昌オリンピックの代表選考を兼ねており、4大会で3位以内に3度以上入るなどの基準を満たすことで、オリンピック代表選出をほぼ確実にすることができます。

 

 4年前のソチオリンピック代表選考ではあと一歩のところでオリンピック出場を逃し、1度はスケートから離れましたが、復帰後3年を経て再びオリンピック出場への挑戦権を得ることができました。悲願のオリンピック出場に向けて、皆さま応援よろしくお願いいたします。