花壇整備と清掃活動を行いました


本社花壇整備

 6月3日、髙堂建設と匠コンサルタンツ役職員17名で本社周辺の花壇整備を行いました。花壇整備は毎年この時期に行っているもので、今年で12年目となります。

 

 花の苗は帯広農業高校の学生が運営する「あぐりす」様より購入。当社には同校の卒業生が多数在籍し、職場体験学習を毎年受け入れるなど大変縁が深く、地域に根差した取り組みをしている同校の苗を毎年購入させていただいております。日頃お世話になっている地域住民の皆様の癒しにとなることを願い、今年は4種類の花で会社周辺の歩道を彩りました。

広尾花壇整備

 黄色のマリーゴールドの花言葉は「健康」、オレンジのマリーゴールドは「真心」、赤いベコニアは「公平」、白いベコニアは「親切」という意味があります。 

 

 6月5日には、広尾支店役職員一同が広尾町で花壇整備とゴミ拾いを行いました。例年は広尾町町内会連合会の皆さんや、広尾町に縁のある企業や団体が参加して市街地の植樹桝に花を植える取り組みを行っていましたが、今年はコロナウイルスの影響で中止となったため、当社のみでの取り組みとなりました。

 

 当日は天気に恵まれ、滞りなく花壇整備を行うことができました。これから夏に向けて色とりどりの花が、通行される皆さまの目と心を楽しませてくれることでしょう。