· 

令和4年度 春季労働災害防止大会を開催しました


令和4年度春季労働災害防止大会

 4月26日、令和4年度「髙堂建設グループ安全協力会 春季労働災害防止大会」を北海道ホテルにて開催しました。新型コロナウイルス感染防止対策として、インターネット中継による複数拠点開催とし、協力会社やグループ役職員など約100名が出席しました。

 

 はじめに、安全協力会会長の啓北建設工業有限会社 井出 一也 代表取締役が「今後の建設業は法改正や資材価格の高騰によりターニングポイントを迎える。今こそ安全協力会が一丸となり、共に熟慮を重ね、この状況を乗り切っていきたい」と開会の挨拶。続いて登壇した安全協力会顧問の髙堂建設株式会社 髙堂 匠美代表取締役は安全管理に関する3つの改革について説明。「経営の基本にあるのは労働者の安全。今年1年間協力会が一丸となり無事故無災害を達成していただきたい」と呼びかけました。

花束贈呈

 

 労働災害防止大会は途中、北京オリンピック男子スピードスケート500mで8位入賞を果たした村上 右磨への花束贈呈を挟み、労働安全表彰、令和4年度安全活動についての説明、帯広労働基準監督署 土屋 啓二郎 署長による労働災害防止についての講和と進行し、安全協力副会長の株式会社鈴建興業 鈴木 朋和 代表取締役の挨拶により閉会となりました。